せーいちのブログ

何気ない日常を書き綴ります。

田舎から都会に出るとこんな感じ!(受験編)

読者の皆さんこんばんは。

ブログ生活2日目、都内サラリーマンのせーいちです!

 

今日は、私が都会に出てきて一番最初に直面した壁である『電車』について書きたいと思います。

 

就職で東京に来て3年目。色んな事に慣れてきましたが、もともと電車が走ってないくらいの田舎で育ったので、生まれて初めて電車に乗ったのが19歳の大学受験の時です。

大学受験のという人生かけた大勝負!相当なプレッシャーがかかっていましたが、テストよりも先に待ち受けていた最初の壁は切符の購入でした。

 

切符売り場で恐る恐る小銭を入れて切符を買おうとしたのですが、表示されたのは数字の羅列、、、!んっ!?なんだこれは、、、?

そう、そこに現れたのは行き先ではなく何やら暗号の様な数字が並んでいたのです。

てっきり小銭を入れたら目的地が表示されて、ピッと押せば切符が買えるもんだと思っていたんです。

 

受験の開始時間まではまだ余裕がある!念のため1時間早く着く様に頑張って早く起きた甲斐がありました。(緊張で寝れなかっただけですけど、、、笑)

 

こんなところで慌てふためいては田舎っぺ丸出しなので、何とか冷静を装って画面とにらめっこして考えました。

時間切れで小銭を返却されること3回目。ついに心が折れました。

断念して駅員さんに聞こうと切符売り場から離れたその時!!!視界に入ってしまったんです!あの駅名と共に数字が表示されている路線図!!!

そうか、あの数字の羅列はその金額で行ける駅を表していたのか!

 

コナン君が謎を解くまさにあの感じ。受験前に相当頭を使ってしまったわけですが、無事に志望校までたどり着けそうです。

 

と思いきや、、、まだ試練は続いていました。

方面は事前に調べてきたので分かる。うん。何行きに乗れば良いのかも分かった。

ただ、それだけでは不十分でしたね。

電光掲示板に表示された「普通」と「快速」それに「特急」!!!

 

え!?これって普通に「特急」乗れば早く着くんじゃない!?笑

なんでむしろ「普通」があるの!?ってか電車で「普通」って何事!?普通の電車って、え、、普通なの!?

 

ちょっとパニックになりながら、自分の直感を信じて「特急」に乗ることにしました。

座席もゆったりで対面式の座席ではなく、4人掛けのシートでした。

なるほど、対面式の電車がきっと「普通」なんだな!とか考えながら、いざお受験へ!

 

電車に揺られること10分程度。

窓の景色を眺めながら、これが都会か~。と干渉にふけっていたその時、一瞬目の前を志望校の大学がよぎった様な気がしたんです。大きな看板で『○○大学』とかかれた看板が!

 

え!?何今の!?まさか、、、

慌てて地図アプリを起動させて位置情報を確認すると、

あああああぁーーーー!!!どんどん離れていく。

 

結局、次の駅で降りておとなしくタクシーに乗り開始時間ギリギリで到着。

いきなり都会の洗礼を浴びた一日でした。

 

田舎から出てきたばかりの人は、都会では当たり前なことも当たり前じゃないんですね。笑

 

 是非、切符売り場の画面の前で考え込んでいる人がいたら教えてあげてください。

「上ですよ!答えは上にあります!」

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

 

寒い日が続いているので体調にはくれぐれもお気をつけて。

 

今日からブログ始めます!

こんばんは!

都内でサラリーマンをしているせーいちです。

 

今日からブログ始めます!!!笑

このブログでは特にテーマは絞らずに、日常の中で起きた出来事や最近の話題について書いていきます。

自分の日常を書き綴るだけでなく、読者の方にとっても為になるような記事をかけるようになることが今の目標です。

 

まずは最初の記事なので簡単に自己紹介を、、、

出身:鹿児島県

職業:サラリーマン(一応、経営企画やってます。)

年齢:26歳

趣味:フットサル、お酒

とまぁどこにでもいるような普通の社会人です。

 

高校3年生までは鹿児島県のど田舎で過ごしておりました。

最寄りのコンビニは徒歩1時間以上、電車は通っていないので通学は原付バイク。

友達と遊ぶときは、山でカブトムシを取ったり川で釣りをしたり、、、。笑

たまーに薩摩半島にある繁華街までフェリーに乗っていってましたね。

 

しかも、鹿児島県民あるあるなんですが、僕の地元には灰が降るんです。そう、火山灰。。

鹿児島県のほぼ中央に位置する桜島の火山灰が私の地元にはかなりの確率で直撃してましたね。

 

鹿児島県に行かれた方はご存知の方もいるかもしれませんが、地元の天気予報では”週間天気”や”降水確率”のほかに”桜島上空の風向き”が放送されます。

火山灰が今日はどっちに飛んでいくか、つまり洗濯物が外に干せるかどうかがこの桜島上空の風向きによって決まるのです!

 

しかも、この火山灰が通学途中で襲ってくると事態は深刻です。原付バイクで通学していましたが、フルフェイスヘルメットの隙間からでも入り込んできて、「目が目がぁ~~~」という有り様。。。

 

県外に住まれている方からすると鹿児島県で最も有名な観光地の一つですが、地元の人からすると少し悩みの種になっているのです。

 

そんな地元も今思えば、風光明媚でのどかな場所として魅力的なのですが、当時の私にしてみれば、「何もない」「不自由」「つまらない」と感じ、絶対に大学では都会に出るんだ!と決意していました。

 

 

最初は東京にある国立大学を目指していたのですが、本番に弱いタイプの私は見事に過去最低点をたたき出し、センター試験で爆死。。。

第二志望だった大阪の公立大学を受験することにしました! 

 

結果は何とか合格を頂き、晴れて都会での大学生活がスタート!!!

自分では全く気付きませんでしたが、想像以上に自分の訛りが強かったみたいで、新天地である大阪では全く会話が成り立ちませんでした。

意思の疎通ができないことに衝撃を覚え、まるで海外留学をした学生みたいな気分でした。笑

このままでは思い描いたキャンパスライフを送るどころか普通の生活すらできない!と気づいたときに、ふと閃きました!

「そうだ、過去の自分を知る人は一人もいない。大阪人として生まれ変わろう!!!」

この瞬間から関西人になるために、まず言葉から見様見真似で変えていきました。

 

大学4年になる頃には大阪の人でも気が付かないほど、関西弁に大阪に染まりました。

 

 

就職で東京に来て3年目になりますが、現在も『えせ関西弁』は健在です。

そんな『えせ関西弁』のせーいちが読者の皆さんの為になるブログを書けるように日々精進してまいりますので、今後ともよろしくお願いします。

 

最初のブログなので自己紹介になってしまいましたが、明日からはまたテーマを変えて書きたいと思います。

 

最後まで読んでくださった方ありがとうございます。